JAAC 日米学術センター JAAC 日米学術センター
JAACについて プログラムのご案内 保護者・教育関係者の皆様へ 留学生活基礎知識 お問い合わせ・説明会
留学生活基礎知識

トップページ > 留学生活基礎知識 > 留学費用について

留学費用について


「留学したい、でもお金がかかるのでは…」と留学を希望しながらも断念している人も少なくないでしょう。しかし実際には日本の都市圏の私立大学に下宿しながら通学するより安い費用で留学することも十分可能です。例えばJAAC提携4年制大学であるサウスイーストミズーリ州立大学では、JAACプログラム参加生を対象とした奨学金制度(授業料を約半額免除する)があり、1学年の授業料50〜62万円(1ドル100円換算)、寮費・食費が51〜60万円と言う、日本の国公立大学の授業料に匹敵する費用で卒業まで学ぶことができます

一般的に私立大学よりも州立大学の授業料の方が安く設定されていますが、同じ州立大学でも州によって大きく異なります。カリフォルニア州やニューヨーク州では1学年の授業料が総合大学で110万円から、研究型大学では300万円する大学もあり、それに比べ、ミズーリ州やテネシー州では、総合大学で80万円から、研究型大学でも180万円程です。また生活費(寮費・食費)も田舎では1学年50〜65万円ほどの大学が殆どですが、大都市圏では80〜110万円と大きな差が生じます。留学費用を抑えるには、アメリカ中西部の大学町にある州立大学を選ぶのがポイントです。

私立大学では、1学年の授業料が350万円を超える大学もあり、州立大学より高額な大学が多いのが実状です。ただし、これもまた地域差があり州立大学より低い学費の私立大学もありますので比較検討が必要です。また私立大学でも州立大学でも総合大学と研究型大学ではかかる費用が大きく異なっています。

公立2年制大学は、1学年の授業料の平均がおよそ50万円程であり、4年制大学より低く設定されています。カリフォルニア州とニューヨーク州では公立2年生大学の数も多く、4年制大学への編入も盛んですから、トータル授業料を抑えるために、2年制大学へまず進学するという学生が、アメリカ人学生、留学生を問わず多数います。2年制大学にはキャンパス内学生寮がない大学が多いので、アパート家賃などの生活費もよく検討しておくことが大切です。

この様に大きく費用がかかる場合もあれば、費用を安く抑えることもできます。目標と希望、予算に応じて留学プランをご提供致しますので、JAAC入学事務局にご相談下さい。
Copyright © JAAC 日米学術センター All Rights Reserved.