JAAC 日米学術センター JAAC 日米学術センター
JAACについて プログラムのご案内 保護者・教育関係者の皆様へ 留学生活基礎知識 お問い合わせ・説明会
高校生のための留学プログラム

トップページ > プログラムのご案内 > 高校留学プログラム > 教育制度について

留学体験談

 卒業プログラム


竹村 綾乃 さん

ビクトリアハイスクール(カナダ)

竹村 綾乃
2004年入学・2006年卒業
2004年度生 静岡県 出身

留学しようと思ったきっかけは?

留学しようと決めたのは中3の2学期でした。それまでは特別行きたい高校があったわけではありませんが、どこかの高校に入ろうと受験勉強をしていました。日本の高校に興味を持たない私に、留学という進路もあるのではないかと両親が後押ししてくれたことが直接のきっかけです。成り行きに任せるのでは無く、人と違うことがしたい。努力して何かを成しえたいと常日頃から思っていたので、留学を決意する時も、その後も悩んだり、不安に思ったりはしませんでした。

カナダのビクトリア市に着いた時の感想は?

目に飛び込んでくる物の全てが大きく、花や緑に溢れていてきれいだなと思いました。狭い日本にいた時より心も広くなったような、開放されたようなそんな気持ちになりました。4月に渡航して高校に進学するまでの5ヶ月間は、語学学校で英語の勉強をしました。学校内では、母国語を使わないというルールがあったので勿論英語ばかり、学校で知り合った韓国人・中国人の友達だけでなく、カナダ人の友達もできて学校が終わってからも英語を使っていたせいか、高校に進学するまでには日常生活に困らない英語力が自然とついていました。

カナダの高校に進学して

語学学校に通い、英語のみを勉強していた時と違って、高校に進学すると現地カナダ人と一緒に教科を学習しなければなりません。多少の不安はありましたが、初学期から英語のハンディを感じること無く授業を受けることができたと思います。先生の講義で大事だなと思うことはノートに取り、わからない所は授業が終わってから先生に質問しました。テスト前は教科書とノートで復習をしました。授業で耳にするのは新しい単語ばかりですが、それを無理に日本語に置き換えないで、英語は英語のまま考え、覚える、その勉強方法が良かったのか、前期も後期も1、2教科はB、それ以外の全ての教科でAの成績を取ることができました。特に後期の科学では、人体細胞・化学反応式・原子・地震等を学びましたが、とても興味深く、科学の面白さを知りました。FOODのクラスも楽しみの一つでした。私のグループは多国籍、みんなでわいわい話しながらクッキーを作ったり、とても楽しい時間でした。授業中やテスト前は集中し、休み時間や放課後、休日は友達と思い切り遊ぶ、勉強と遊びのバランスがとても心地良かったです。

※竹村さんはビクトリア高校卒業後、市内のカモソンカレッジに進学・卒業され、現在は現地の旅行会社に勤務されています。


寺田 翔さん

ランブリックパーク・セカンダリーハイスクール(カナダ)

寺田 翔
2001年入学・2004年卒業 
2001年度生 静岡県 出身
小学校3年生ぐらいから英会話サークルに入っていて、いつの頃からか漠然と、大学は海外へ行こうと考えていました。ところがある時母の知人から海外に行きたいのならば早い方がいいと言われ、そこから高校留学について真剣に考え始めました。その一言がなければ僕の現在も、そして未来も異なったものになっていたに違いありません。高校留学をするきっかけとなり、未来への勇気ある一歩を踏み出させてくれたあの一言に今は感謝しています。
ランブリックパーク高等学校に進学し、大いに学び大いに遊ぶ、充実した毎日でした。放課後外に出て一人でバスケットをしていると、いつしか仲間が集まってきて一緒に汗を流す。その中で自然と英語力も伸びました。ランブリックパーク高校の授業は楽しい教科が数多くあります。生物では2人に1頭の豚が与えられ、それを解剖して体のしくみや機能を調べたり、進化論において著名な人の本が与えられ、それを読んで自分なりの考えをまとめたり、講義だけではなくプロジェクトで深めていく。そんな勉強の仕方で楽しみながら学ぶ事を知りました。
留学をし、カナダ人は勿論のこと、インド・韓国・中国・台湾・メキシコ等々多くの国の人達と知り合うことができました。言葉もおぼつかない段階での僕にも、彼らは隔たりも偏見も持たず、温かく時には意見をぶつけ合いながら、親友として接してくれました。ここでの友は一生の財産であると考えます。こうして様々な文化・慣習、考え方があることを知り、様々な価値観を柔軟性を持って受け入れることができるようになったこと、物事を多方面から考えるようになったことは、留学で得た最大のものであると思います。また、今の自分があるのは、JAAC入学事務局のスタッフ、事ある度に力になってくれた現地カウンセラーの佐久間さん、そして僕を信じ温かい心で見守ってくれている両親のお陰であると心から思えるようになりました。
Don't be shy. 狭い日本を飛び出し、自分の殻を破ること、そこに必ず何かが見つかると思います。

※寺田さんはランブリックパーク高校卒業後、市内のモソンカレッジに進学、その後ビクトリア大学に編入学、2009年5月に卒業されました。9月からは同大学大学院で学ばれる予定です。

↑上に戻る

Copyright © JAAC 日米学術センター All Rights Reserved.