JAAC 日米学術センター JAAC 日米学術センター
JAACについて プログラムのご案内 保護者・教育関係者の皆様へ 留学生活基礎知識 お問い合わせ・説明会
大学・大学院生のための留学プログラム

トップページ > プログラムのご案内 > 大学留学プログラム > JAAC大学留学プログラム > 参加生の生活

アメリカ学位取得制度 参加生の生活
スポーツ、旅行、団体・ボランティア活動、アルバイト…様々な活動を通し、充実した学生生活を送るJAACプログラム参加生達

サウスイーストミズーリ州立大学(SEMO) 学生生活

 サウスイーストミズーリ州立大学で学ぶJAACプログラム参加生は学業以外に様々な活動を行っています。例えば、キャンパス内でのアルバイトもその方法の一つです。このアルバイトは合法で、就労時間が週に20時間と制限されますが、いくらかの収入も得られます。教室内では決して体験できないことをアメリカ人学生や他の留学生と共に経験できます。希望者が多い仕事のひとつにコミュニティー・アドバイザー(学寮内のリーダーとして寮で生活する学生達の世話や庶務を行う)があり、この仕事に就いた学生は、寮費・食費が全額免除されます。

同大学はその広大な敷地の中に充実したスポーツ施設を有しており、JAACプログラム参加生もそうした施設をよく利用しています。トレーニングジムや室内プールで汗を流したり、またインターミュラルと呼ばれる学内学生対抗スポーツにも参加します。特にサッカー、バレーボール、バスケットボールはJAACプログラム参加生に人気のスポーツです。
JAACのサッカーチーム

JAACバレーボールチーム

ハリケーン被害を受けたニューオリンズでのボランティア活動

他にも、専攻科目の学術発表会への参加、オーナズ・ソサイエティ(成績優秀者の会)、インターナショナルクラブ等、大学内の団体活動への参加、ボランティア活動を通じてアメリカ生活を充実させる方法があります。今までにも「ハビタット・フォー・ヒューマニティー(困っている人々に家や住宅を建てて供給する世界的NGO団体)」による建築現場での仕事や、動物保護施設での動物の世話、リサイクル運動としてプラスチック容器回収作業等、こうしたボランティア活動に参加している学生も少なくありません。
また、夏休みや冬休みなどの長期休暇には、多くのJAACプログラム参加生が旅行に出掛けます。ニューヨークやフロリダ、カリフォルニアは学生の中でも人気の高い旅行先です。また、車でアメリカを縦断したり、国立公園にキャンプに出かけたり、コロラドにスキーに行ったり、単なる観光ではなく大自然の中で経験するアドベンチャーな旅行は、アメリカでしか出来ない貴重な体験だと言えます。
 この様な活動は、転校や編入、大学院への進学、また就職の際にも重要な体験・資格として評価されます。単に勉強しただけではなく、幅広い才能を持ち合わせ、調和の取れた人間に成長することは、サウスイーストミズーリ州立大学を卒業した後の人生にも多大な影響を与え、成功へと導くでしょう。
クリスマスホームスティ(滞在費無料)でアトランタへ旅行

参加生の生活




Copyright © JAAC 日米学術センター All Rights Reserved.