JAAC 日米学術センター JAAC 日米学術センター
JAACについて プログラムのご案内 保護者・教育関係者の皆様へ 留学生活基礎知識 お問い合わせ・説明会
大学・大学院生のための留学プログラム

トップページ > プログラムのご案内 > 大学留学プログラム > JAAC大学留学プログラム > 留学指導・支援サポート

JAACのアメリカ学位取得制度「留学指導・支援サポート」
「渡航前に受けることのできるサポート」
JAACアメリカ大学学位取得制度は、プログラム入学直後から(高校在学中の生徒は在学中から)スタートします。
英語力の向上のための在宅学習を含め、アメリカの大学進学に向けての万全な準備を整えます。

E-learningによる渡航前英語教育(在宅)
アメリカの大学の進学基準となるTOEFL(英語力判定テスト)の点数を、渡航前にできるだけ上げる様にプログラムされたE-learningによる英語教育を行います。
英語力のみならずパソコンスキルの習得を目指します。
TOEFL ITP 受験
現在の英語力を確認と、渡航前英語教育による分野別(リスニング、語彙と文法、リーディング)向上度の確認を目的にTOEFL ITP2回受験します。結果をもとに渡航までの学習方法の指導・アドバイスを行います。
渡航前個別カウンセリング・セミナー
渡航までのスケジュールの確認、大学提出書類作成指導、留学プランの作成、専攻科目調査を行ったり、アメリカの大学に進学するにあたって、授業登録や成績評価基準など学業上での留意点や、希望大学に関する知識を深めるためのカウンセリング・セミナーを実施します。
渡航前オリエンテーション
渡航を間近に控えた学生に対して事前に学ぶべき留学に関する重要な事項を説明・アドバイスし、学位取得への想いを更に高めます。また、保護者様にも留学の意義を今一度ご確認いただくと共に、渡航準備や、授業料支払い・現地へのご送金等に関する詳細説明を致します。
「渡航後に受けることのできるサポート」
日本にいる時とは全く異なる自由と開放感、言葉も文化も違う人々と理解し合えた喜び、自信の価値観の変化や世界観の広がり、英語力・人間力の向上…留学は、日本では体験することのできなかった数多くの喜びや楽しさをもたらしてくれますが、一方で、言葉の障害に代表される不自由さから始まり、文化や法制度への知識が不十分であることから生じる問題等、学生たちは、様々な問題に直面し、それを乗り越えながらアメリカの大学卒業(学位取得)の目的を達成します。  
 本制度では、大学内に現地指導・支援サポート事務局を設置し、不測の事態から学位取得の目的を断念することのない様に指導し、万が一問題が発生した場合は、適切な対応によって問題解決へ導きます。
 また、現地カウンセラーは、日々の生活の小事から、目標達成の為の学業相談等、いつでも悩みや困ったことを質問・相談できる心強い存在です。
 英語力が高い学生も、また英語に全く自信の無い学生も、将来世界で活躍したい学生も、日本で就職したい学生も…JAACでは、個々の状況や目標に応じて、ひとりひとりの留学生活をサポートしています。
JAACのサポート

留学初年度(渡航後1年間)

留学初年度は、その後の留学を左右する大変重要な時期です。卒業まで続く留学指導・支援に加え、初年度は下記の様な特別指導・支援体制を整えています。

現地オリエンテーション
新たな生活を始めるために必要、且つ、重要な事柄についての説明と、情報の提供を行います。
現地オリエンテーション
留学生活を楽しく、安全に送るための諸注意や情報を随時、提供してまいります。また、個人面談やカウンセリングを通じて、日々の相談に応じます。
TOEFL学習法指導とESL授業の補習
TOEFLスコアを伸ばすための学習法の指導を行います。また、必要に応じて、受講しているESL授業の内容について個別補習の指導を行います。
目的別セミナー&ミーティング
安全な留学生活を送るためのリスクマネージメントについて、ESLクラス進級やTOEFL受験、大学進学と専攻について、大学進学前の準備について、次学期の授業料・寮費の支払いについて、冬休みの過ごし方について等、その時期・状況にあわせて様々なテーマを設定し、適切な指導・ミーティングを行います。
個別相談&カウンセリング(随時)
定期的な面談とカウンセリングを行い、留学生の質問や相談に答えると共に、その時々の状況に応じたアドバイスを行ってまいります。
大学進学カウンセリング&手続きアシスト
専攻科目と進学する大学の選定、進学時期の決定、編入、卒業、就職といった長期的な留学計画を基に、それに伴う情報の提供、そして入学手続き等の全般についてきめ細かく対応してまいります。
初年度保護者報告会(個別)、学期ごとの成績和訳・カウンセラーレポートの送付
大学より学期ごとに出される成績の和訳、学生がどの様な生活を送っているのか現地カウンセラーのレポートを添えて、保護者様に報告書を送付します(学期毎)。 また、保護者報告会(年1回)を開催し、学生の状況報告と、留学生活を送る上での留意点、ひとりひとりの目標、状況に応じた今後の指導・支援について個別に詳しくお話を致します。

〜卒業まで

2年目以降は学業面に重点を置いた現地指導・支援を行います。また、初年度とは異なり、行動範囲が広がる中で生じる諸問題の解決、卒業(就職)に向けた支援を実施してまいります。

学業・生活両面でのカウンセリング及び指導・支援
留学2年目、3年目、また卒業間近の学生であっても、留学初年度とは異なる様々な問題に直面します。安心して留学生活を送り、学生個々の目標が達成でき得る様、生活及び学業上で生じた諸問題や悩み・相談にお応えし、その時々の状況に応じた適切なアドバイス、指導・支援を行います。
大学英文レポート等作成指導と添削指導
大学で課せられるリサーチペーパー、正確な文章が求められる重要書類などの、添削指導を行います。(文法上のミス・スペルミスの添削、レポートの書き方・文章の構成・日本人的な表現や不明解な文章などの指導)
保護者アシスタンスサービス
大学で課せられるリサーチペーパー、正確な文章が求められる重要書類などの、添削指導を行います。(文法上のミス・スペルミスの添削、レポートの書き方・文章の構成・日本人的な表現や不明解な文章などの指導)
緊急時支援サービス
留学生に起こる突発的な事故や疾病、その他、緊急性を伴う際の支援サービスです。学生、または関係者からの緊急連絡を受け、状況確認をした上で直ちに保護者にご連絡致します、状況に応じて現地大学関係者、友人、関係諸機関に連絡・確認を取りながら事態の適切な対処・対応にあたります。
大学転校・編入カウンセリング指導&手続きアシスト
進路指導とカウンセリングによって、転校・編入先大学選択のための情報提供、無理のないスムーズな転校・編入を可能にするための指導と、その手続き上についての支援サービスを行います。
大学院進学アシストサービス
大学院への進学を希望する学生に対し、進学大学選択のための情報提供、出願書類の準備、大学提出用エッセイの添削、手続きの確認等、進学の為の指導・支援を行います。
就職アシストサービス
就職、米国内での企業内実務研修(インターンシップ、OPTなど)といった進路相談、各種の就職セミナー等への参加指導、また、年1回JAAC提携就職斡旋会社の担当者を大学(サウスイーストミズーリ州立大学、カリフォルニア大学アーバイン校)に招き、就職相談、情報提供を行います。
医療相談・支援サービス
随時、心身の健康面についての相談に応じながら、必要に応じて専門医や病院を紹介し、適切な医療が受けられるよう支援いたします。
現地後見人サービス
未成年あるいは留学生という理由から、社会的な保証が得られず生活影響が出る場合は、保護者と相談・合意の下に、可能な場合は現地での後見人としての役割を担います。
顧問弁護士支援サービス
留学生活のあらゆる場面で弁護士を必要とする際には、JAAC顧問弁護士による相談対応や支援サービスが受けられる体制を整えています。(弁護士費用は留学生の負担となります)
留学保険への対応アシスタンス
日米双方のスタッフが留学保険を利用する際、保険会社との連絡を行い、必要な事務処理等及び手続きについてのご案内と、対処・対応についてのご相談に応じます。
『JAACだより』による情報提供
学生、及び保護者への情報提供として毎月15日にJAACだよりを配信、配布致します。主として現地カウンセラーが記事を担当し、日々の現地指導・支援の中で学生から度々質問を受ける事柄、各種ご連絡事項、また就職、留学生のあり方等普遍的な関心事をご提供致します。

↑上に戻る   

Copyright © JAAC 日米学術センター All Rights Reserved.