JAAC 日米学術センター JAAC 日米学術センター
JAACについて プログラムのご案内 保護者・教育関係者の皆様へ 留学生活基礎知識 お問い合わせ・説明会
大学1年間留学

トップページ > プログラムのご案内 > 大学1年間留学

大学生のための1年間留学
 日本国内の多くの大学がその大学で学ぶ学生を対象とした交換留学制度を実施していいます。通常、海外の提携・協定大学に日本の学生が留学する、(もしくは海外の学生が日本の大学に留学する)という形式がとられています。
しかし、多くの場合、提携・協定大学の数が限られていたり、もしくは大学内の学生選考基準がとても高く、留学したいけれど留学出来ないというケースも珍しくありません。また、最近では提携・協定大学以外の大学へ留学した場合にも単位として認める「認定留学」という制度を設け、学生の海外留学を推奨する大学も増えています。

JAACでは、1年間の留学を希望する大学生のための留学制度を設け、学生の皆さんのサポートを実施しています。

認定留学

在籍する大学の留学担当課(国際センター等)に留学前から単位認定の申請をし、留学する制度です。単位を認定してもらう為の条件は各大学異なりますが、通常、語学研修ではなく、海外の大学の正規授業を履修する事を前提としています。申請には留学する大学案内、履修要項、入学許可書、担当教授からの推薦状などが必要となります。 単位が認定されますので、卒業が遅れる心配もありません。しかし、前述の通り、留学先の大学の正規授業を履修する事が前提となりますので、留学先大学で授業を受ける為の十分な英語力が必要となります。

休学留学

単位の認定を受けないで、休学扱いで留学する制度です。単位認定がない分、入学する学校・大学や参加するプログラムの選択が自由に出来ます。認定留学同様大学の授業を履修する事も出来ますし、英語力に自信が無い場合は大学附属の語学集中講座(ESL)で英語を学び、その後大学の授業を聴講する方法も可能です。また、ビジネス英語コース修了後にインターンシップを行ったり、ボランティア活動に参加するプランなど、選択肢が多いのも休学留学のメリットです。

JAAC大学生1年間留学制度

JAACは1年間の留学を希望する大学生に対し、各学生の留学希望・英語力に沿った留学を実現するためのサポートを実施しています。渡航前のカウンセリングを通し、留学先大学/プランの作成、認定留学の為の申請書類の準備サポート、出願手続きや渡航前オリエンテーションを実施し、万全の準備を進めていきます。
1年間留学制度 渡航前指導・支援の概要

渡航前個別カウンセリング 

留学先の決定、渡航までのスケジュールの確認、大学提出書類の作成指導、留学プランの作成、認定校留学の申請書類準備サポート、1年間留学をするにあたって、授業登録や成績評価基準など学業上での留意点や、留学先大学に関する知識を深める為のカウンセリングを実施します。(オフィスでのカウンセリングの他、電話・Eメール、インターネット電話を利用したカウンセリングも可能です。)

渡航前オリエンテーション

週30時間、25時間、15時間 など、自分で一週間の授業時間数を選ぶ事が出来ます。午前だけ学校で学び、午後はフリータイムとして自分の好きな事をする事も可能です。

渡航準備

航空券の準備、留学生保険の加入アシスト、ビザ申請のサポートを行い、出発の準備を進めます。
JAACお勧めの大学・プログラム一例)

サウスイーストミズーリ州立大学 1年間留学制度

サウスイーストミズーリ州立大学と、同大学の日本入学事務局であるJAAC日米学術センターが共同で運営する『サウスイーストミズーリ州立1年間留学制度』です。在籍している日本の大学を1年間休学、同大学に留学し、学部授業を履修します。本制度参加生は、奨学生として認可され、授業料が年間$2,500免除されます。 大学内にはJAACプログラム参加生の為の現地指導・支援サポートオフィスが設置されており、渡航準備、入学手続きを始め、現地においてもJAAC担当カウンセラーが学業面・生活面できめ細かく留学生活をサポートします。

ポイント!

・同大学の正規留学生の大学入学基準は (TOEFL iBT/61)ですが、基準を満たしていない学生は、前期(1学期目)大学附属の語学集中講座(Intensive English Program)最上級レベルの終了する事により、後期(2学期目)は大学の正規授業を履修する事が可能となります。(初学期はブリッジングプログラムと呼ばれる、大学の正規授業と語学集中講座とを平行し履修します。)

・本制度参加生は、奨学生として認可され、授業料が年間$2,500免除されます。奨学金を得ることにより授業が年間$6000〜$7000と費用負担が軽減されます。

・英語力が大学の定める入学基準に満たない学生は、大学内集英語プログラム(Intensive English Program〈IEP〉)を受講します。

・渡航時期は、サウスイーストミズーリ州立大学の新学期に合わせて8月下旬、または、日本の大学の年度に合わせ、5月上旬、または3月上旬となります。

・大学内にはJAACプログラム参加生の為の現地指導・支援サポートオフィスが設置されており、留学生活をサポートします。

サウスイーストミズーリ州立大学の詳細
参加生の生活について

世界のトップ大学で学ぶ  〜 カリフォルニア大学 1年間留学制度

UC Berkeley, UCLAなどに代表されるカリフォルニア大学は州内に10キャンパスを数える世界最大級の大学システムです。世界最高峰のアカデミックレベルをリードする大学教授陣からは、現在までに23人がノーベル賞を受賞しており、その質の高い教育を求めて世界中から優秀な学生が集まっています。 100以上にのぼる図書館は、米国国会図書館に次ぐ所蔵量を誇っています。

カリフォルニア大学リバーサイド校、カリフォルニア大学デービス校において留学生に対し正規授業受講出来るプログラムを実施しています。プログラム修了生は授業修了時に世界中の大学で単位認定可能な正規単位が授与されます。

カリフォルニア大学デービス校 ブリッジプログラム

ブリッジプログラムは留学生にカリフォルニア大学デービス校で実施される様々な正規授業の履修機会を提供しています。このプログラムは大学のクオーター制度(4学期制)に順じ実施されます。(各学期10週間)

プログラムは2つの課程が用意されています。

1. 語学プログラム英語授業と大学学部(最多8単位―通常2科目)のコンビネーション。(英語力レベルが本プログラムの定める入学基準はクリアーしているものの、その運用力について、一部不十分だと判断された学生)

2. 大学学部授業のみ(語学プログラム作文授業は例外) (英語力レベルが本プログラムの定める入学基準をクリアーし、かつ、その運用力についても、学部授業を理解するのに十分であると判断された学生)。

カリフォルニア大学デービス校について

カリフォルニア大学リバーサイド校
      ユニバーシティークレジットプログラム

施される語学集中講座と平行し同大学で実施される正規授業を最大3クラスまで履修できます。履修する正規授業は参加生の学びたい学問分野の中から選択する事が可能です。このプログラムは大学のクオーター制度(4学期制)に順じ実施されます。(各学期10週間)

カリフォルニア大学リバーサイド校について

イギリスの大学 1年間留学制度 〜 Junior Year Abroad ( JYA )

ジュニアイヤーアブロードプログラムは留学生がイギリスの大学で学び大学生活を体験出来る留学プログラムであり、多くの大学でこのプログラムが実施されています。

通常、語学研修を一定の期間行い、その後大学の正規授業に参加するケースがほとんどです。単なる聴講とは異なり、実際の授業に積極的に参加する事が出来ます。入学難易度が高いとされるイギリスの大学の実際の授業を体験出来る、充実した内容です。 参加基準は大学1年・2年が修了している事、また一定の英力が求められます。

実施大学一例 

BUniversity of Exeter (エクセター大学) 所在地:エクセター
BUniversity of Manchester (マンチェスター大学) 所在地:マンチェスター

ご紹介している各制度・プログラム参加生の履修した科目の単位が在学されている大学の単位に移行できるか否かは、大学の判断によりますので、在学大学へご確認下さい。
Copyright © JAAC 日米学術センター All Rights Reserved.