JAAC 日米学術センター JAAC 日米学術センター
JAACについて プログラムのご案内 保護者・教育関係者の皆様へ 留学生活基礎知識 お問い合わせ・説明会
授業料が約半額になる奨学金制度

トップページ  > JAAC奨学金制度

奨学金プログラムのご案内
本奨学金は、英語のみならず専門分野を深く学ぼうと高い志を持ってサウスイーストミズーリ州立大学への進学を希望するJAACアメリカ大学学位取得制度参加生に対し、保護者の負担が少なく安心して学べるJAAC奨学金制度です。
 同大学とJAAC日米学術センターとの27年に渡る共同体制と、本制度からの同大学卒業生、在校生が優秀な成績を修めたことから実現したこの奨学金制度により、本制度合格者(大学内進学準備プログラム3月渡航生)は、70〜87万円(1ドル100円換算)という日本の国立大学より安い費用で学ぶことが可能となりました。

日本の大学との費用比較

文部科学省の調べによると、日本の私立大学へ進学し、自宅外から通学する場合、授業料などの学費と生活費(住居費・食費)を合わせて年間214万円(食費以外の生活費、お小遣いを除く)ほどの費用がかかるとの統計結果が出ています。初年度は、これに受験費用(受験料、交通費、宿泊費、併願校への納付金)として78万円〜79万円、さらに入学金、敷金や生活を始めるための準備金等がかかります。
アメリカの大学進学には入学金が必要ありません。個人的なお小遣いの使い方にもよりますが、ミズーリ州などの物価の安い地域では、生活費を大幅に節約することも可能です。(お小遣い:平均2〜4万円)
メリット
メリット

1.授業料軽減 奨学金制度で費用面の心配を軽減。
2.英語力不足でも大丈夫 英語力が不足していても大丈夫。
大学単位認定のESLプログラム(英語を母国語としない人のための英語クラス)でサポート。
3.多彩な専攻コース 幅広い分野で総計120を数える多彩な専攻コースがあり、学生の希望に柔軟に対応できシステム。
また、他大学への転校(編入)もできます。専攻コースの詳細はこちら>>
*JAAC奨学金は当大学在学期間に限ります。
4.少人数制クラス 少人数のクラス体制で、しっかりとした教育を受けられる。
5.完全サポート 27年におよぶ実績。サウスイーストミズーリ州立大学とJAACとの共同体制で渡米から留学生活、
学業まで日本人留学生をサポート。
募集要項
ここの奨学金は一定の成績(3.25/5段階評定換算)の成績を維持することにより、卒業まで得ることができます。
※本制度参加生のサウスイーストミズーリ州立大学における成績平均値は、5段階評定換算で 3.82です。
尚、高等学校における評定平均が3.00/5段階評定以上が出願必要条件となります。
※定員に達し次第受付を締め切らせていただきます。 

出願方法

サウスイーストミズーリ州立大学へ進学するアメリカ大学学位取得制度参加生は、奨学生として認可されます。同大学進学及び奨学金授与を希望する者は、アメリカ大学学位取得制度への出願に準じ、出願書類をJAAC入学事務局宛にご送付下さい。 (詳しくは、入学事務局までお問合せ下さい。(お問合せ電話番号:0120-525-626)

合否の通知

選考試験後およそ5日間で審査判定が下され、出願者に結果をご通知します。合格者は、サウスイーストミズーリ州立より条件付入学許可、及び奨学金授与が認められます。

英語力が大学入学基準

TOEFL iBT 61点に満たない学生の為の英語集中講座(Intensive English Program)の授業料も奨学金として授業料の一部が免除されます。
サウスイーストミズーリ州立大学 紹介








1873年創立の伝統校 

 サウスイーストミリーズ州立大学は創設以来130年以上に渡り、歴史ある伝統校として充実した教育を実施しています。教育内容も非常に幅広く、ビジネス、コンピューターテクノロジー、教育、工学、物理学、芸術学と実に150以上の学士課程、40の修士課程を提供する総合大学です。教授陣の95%が各専門分野の博士号を保有・少人数制の授業に重点をおき、アメリカのリベラルアーツ教育の大きな目的の一つである指導者の育成と優秀な人材の輩出に努めています。特にビジネス学部・MBA(経営修士号課程)は全米でも高い評価を受けています。
 大学施設においてはハイテク化が進んでおり、各学部には最新のコンピューター室、その他専門設備を設置、図書館は無線LANが完備されており学生は誰でもネットワークにアクセスが可能です。また2007年秋には市内に芸術学部の新校舎“River Campus”が完成し、これにより同大学はミズーリ州内において唯一、本校舎とは独立した芸術学部校舎を持つ大学となりました。芸術、デザイン、メディア、音楽、演劇分野の教育の実施のみならず、各種コンサート演劇などの公演・展覧会の開催など、ミズーリ州内の芸術の拠点として今後の発展が期待されています。

★本大学は米国の大学の中で優秀な教育機関に与えられるクリスタ・マコーリフ賞をミズーリ州内の大学では唯一2度受賞しています。

★米国内の大学ランキングで有名なPrinceton Review誌のBest 290 Business Schools に優秀なビジネススクールとして3年連続で掲載されました。

★AACBS International(国際ビジネス学部協会)より本大学のビジネス学部は世界のビジネス学部トップ10%に認定されています。


大学プロフィール

創 立:  1873年
運 営:  州立
所在地:  ミズーリ州ケープジラード市
学生数:  約11,000人
教授数:  491人
専攻数:  学士号過程156、修士号過程57
留学生数: 842名(50か国) / 日本人留学生 52名(2013年春学期)

大学進学基準

英語力:TOEFL iBT 61点以上
高校3年間の学業成績平均:3.5以上(5段階評価)
※ アメリカ大学学位取得制度入学審査により英語力向上を条件に大学入学を許可(条件付入学)。
※ アメリカ大学学位取得制度参加生には、高等学校成績3.0以上の特別基準を設定。


注目される専攻分野 Academic Highlights 

経営学 Management

IT・インターネットの発達により、企業間の競争は急激に変化し、企業は未知の経営環境に直面しています。また日本国内においては、企業の体質を欧米型の企業理念・経営戦略に変化してきています。これらの変化に対応すべく、企業経営学・経営戦略法をアメリカの大学で学ぶことは、就職はもちろん企業経営を行う上で大きなメリットがあり、留学生を求める企業ニーズも劇的に高まっています。 サウスイーストミズーリ州立大学では、経営学を含めビジネス系専攻が非常に盛んで、約30パーセントの在学生が学んでいます。大学院レベルでは質の高いMBAプログラムが有名です。

幼児教育学 Child Development  

師範学校として創立されたサウスイーストミズーリ州立大学では、その伝統を守りレベルの高い教育学を提供しています。中でも幼児教育は充実した授業カリキュラム、多彩なインターンシッププログラムを提供しています。 本専攻では、幼児の成長過程に対する理解、幼児教育カリキュラムについて、クラスの運営方法、各種プランの立て方、生徒の評価方法などをはもちろん、音楽・数学・美術の効果的な教授方法も必修科目になっています。近年、障害児と健常児が同一の教室で学ぶ事例が増えてきていることから、そのための効果的な教授法をカリキュラムに加えている事も特徴の一つです

多彩な専攻コース「学部・学科」一覧はこちら

大学寮

キャンパス内には9つの寮があり、約2400人の学生がそれらの寮に滞在しています。ミシシッピー川を望む12階建ての高層学生寮(タワーズ寮)をはじめ小規模寮、個室が用意されている寮など、多彩な選択肢の中から学生の予算やライフスタイルに合わせて選ぶ事が出来ます。大学寮の各部屋には電話回線・高速インターネットケーブル・テレビ等の設備が完備されています。またランドリー室・自動販売機・メールサービス・冷蔵庫レンタル・サービスデスクを設置し学生が安全且つ充実した寮生活を送る為のサービスを提供しています。

キャンパスライフ

キャンパス内には大規模な図書館、カフェテリア・銀行・書店などの施設が入るユニバーシティーセンター、スタジアム、屋内アリーナ、スポーツジム・屋内プール・バスケットボールコートなど多目的スポーツ施設(リクリエーションセンター)など多彩な施設が完備されています。

サウスイーストミズーリ州立大学 地図
地図


Copyright © JAAC 日米学術センター All Rights Reserved.