JAAC 日米学術センター JAAC 日米学術センター
JAACについて プログラムのご案内 保護者・教育関係者の皆様へ 留学生活基礎知識 お問い合わせ・説明会
トピックス

トップページ > スタッフレポート

スタッフレポート

Back to School

立花 敬(Taka Tachibana) / JAAC High School

"Back to School Month"

アメリカの八月は、在校生にとっては、学校に戻ってくる月、Back to School(新学期)です。そして、新入生(フレッシュマン)たちがキャンパスを賑わす時でもあります。

この学期は、催し物が目白押しです。新入生対象に行われる短期合宿キャンプ、スポーツの試合、ハロウイン、ホームカミング(卒業生と在校生の交歓イベント。特に、フットボールの試合はどの学校でも風物詩といえるほどポピュラーです)、そして11月の最終木曜日はサンクスギビング(感謝祭)の休日があり、毎年これが終わると、
アメリカは一気にクリスマス・モードへと加速していきます。

高校の私費・交換留学を問わず、新学期は日本人の学生にとって大切なもの。
クラスメートや先生との新しい出会い。そして、ホストファミリーでの楽しい生活が、
時として戸惑いも伴って始まります。

そして、留学は“規格外”の経験をすることです。英語力や文化の違いは、おもての壁であって本当の壁は、自分の中にあります。

サッカーの試合で、状況に応じて守りに入ったり 攻めたりするように、留学という環境の中で、いかに自分がフレキシブル(柔軟)に考えたり、行動できるか、です。

イベント、ホリデー、そしてスクール・ライフは文化を体感するのには絶好のチャンスです。“エンジョイしながら学ぶ”。これがアメリカン・スタイルと言えるでしょう。

Good luck to everyone!






(2010-08-20 12:49)
Copyright © JAAC 日米学術センター All Rights Reserved.